Fukui Swingin’ 5sax

白井淳夫 Swingin’ Bandのサックスセクションとリズムセクションによるユニット

日本最高のアレンジャー 故前田憲男さんの素晴らしいアレンジを主に演奏し、 各イベントで好評を得ている。

—メンバー—
Band Master
【Alto Saxophone】白井 淳夫
1972年から日本を代表するビッグバンド「宮間利之とニュー・ハード」で活動。 コンサートやTV番組等で活躍する。1974年、アメリカ2大ジャズフェスティバル に参加。1978年、日本で最も伝統のある「森寿男とブルー・コーツ」に入団。帰福後、ジャズバー「シライハウス」を開業し、生演奏の聴ける本格派ジャズバーで人気を呼ぶ。現在は「白井淳夫 Swingin’ Band」のリーダーも務め、精力的に活動中。

【Tenor Saxophone】武田 幸夫
大学卒業後「東京キューバンボーイズ」に在籍、東京・横浜を中心にプロとして活動。 その後帰福、地元を拠点に活動開始。2008年10月から2年半続いたAOSSAでの月イチの ライブでは、毎回200名以上が来場し人気を集めた。2009年、リットーミュー ジック最強プレイヤーズコンテスト・テナーサックス部門で準グランプリを受賞。現在「北ノ庄クラシックス」で、自己のクァルテットでライブ活動中。

【Alto Saxophone】友吉 俊郎
サクソフォンの他にフルート、クラリネット、ケーナ、オカリナ、篠笛なども演奏するマルチプレイヤーとして、福井、金沢を中心に自己のグループの他、石川ジャズ・オーケストラPyramid、白井淳夫 Swingin’ Band、金津JAZZ倶楽部に所属し、演奏活動をしている。また、ヤマハ 音楽教室認定講師として福井、金沢でレッスンを行っている。

【Tenor Saxophone】平田 友一
中学校の吹奏楽部でサックスと出会い、高校卒業後は地元の 社会人吹奏楽団にて活動。もともとポピュラー音楽やジャズに興味があった事もあり、社会人ビッグバンド「福井ニューサウンズ」に加入し本格的にジャズを始める。現在はリードアルトとコンサートマスターを務める。2019年「白井淳夫 Swingin’ Band 」にテナーサックスとして参加。

【Baritone Saxophone】笹木 幹哲
大学の軽音楽部にてビッグバンドを始める。1992年福井に帰省し、中学時代の同級生が結成した金津JAZZ倶楽部にリードアルトとして参加。現在はバンドマスターを務める。その後、白井淳夫 Swingin’ Bandにもバリトンサックス として参加し、現在に至る。

【Piano Forte】佐澤尚友
大学時代、名古屋を中心にプロ活動開始。現在、地元福井・北陸でライブや作曲・編曲等の活動をしている。

【Bass】今井 雪央
10歳でギターを始め、学生時代はエレキベースで音楽活動をする。50歳を過ぎてから本格的にジャズベースに挑戦。現在シライハウスでレギュラーを務める。

【Drums】TAK
大学時代ビッグバンドを経験、東海ビッグバンドコンテストでソリスト賞受賞。自身のバンドで金沢JazzStreetコンペティショングランプリ受賞。 現在、福井県内外で活動中。

参加イベント

みんなのホールプロジェクト<若狭エリア>オトカド

Fukui Swingin’ 5sax

Fukui Swingin’ 5sax