サクソフォンデュオ紬

クラシックからポップスまで、幅広いレパートリーが魅力のサクソフォンユニット

片山奈々愛(右)
昭和音楽大学音楽学部弦管打楽器コース卒業。サクソフォンを宗貞啓二、伊藤千治、彦坂眞一郎各氏に師事。第22回福井県新人演奏会オーディション合格、同演奏会に出演。以来、リサイタルの開催をはじめ、福井新聞社主催「ちょっと素敵な音楽会」、金津創作の森「プロムナードコンサート」、(公財)福井県文化振興事業団主催の育成事業など各種演奏会やイベントに出演。ソロ、サクソフォンカルテット、室内楽など県内外で演奏活動を行っている。クラシック以外のジャンルでもライブ活動やレコーディングに参加。ヴァンテアンサクソフォンカルテット主宰、福井サクソフォン研究会の設立など福井県のクラシックサクソフォンの振興発展に注力する。2019年には石川、富山のサクソフォン奏者とともに北陸サクソフォンアンサンブルを結成。演奏活動の他、サクソフォン教室の開講、講習会やスクールバンドでの指導、コンクール審査など後進の育成に努める。

大野舞子(左)
福井県坂井市出身。12歳から坂井市立三国中学校吹奏楽部に入部しサクソフォンを始める。福井県立三国高等学校を経て、名古屋音楽大学音楽学部管楽コースを卒業。大学在学中、サクソフォン専攻生とサクソフォンラージアンサンブルの演奏会を開催。同時期に他大学の学生と共にナゴヤサックスフェスタ大学生合同ステージに出演。クラシックに限らず、ゲーム音楽を愛する仲間とゲーム音楽×サックス四重奏という自主企画の演奏会を開催。これまでにサクソフォンを片山奈々愛、瀧彬友の各氏に師事。現在、坂井市内の中学校で講師として勤務しながら、演奏会やコンクール、地域のイベントに出演するなど音楽活動を行っている。

参加イベント

みんなのホールプロジェクト<若狭エリア>オトカド

サクソフォンデュオ紬

サクソフォンデュオ紬