コンテンポラリー民謡「遊法師」(あそびほうし)

日本の音を様々なアレンジで表現

キングレコード専属民謡歌手“恩地見佳”が県内トップクラスの音楽家と完成させた新しいポップス×民謡の形。
民謡歌手、編曲家、作曲家、ピアニスト、打楽器奏者、ベーシストなど音楽のスペシャリスト達が結集し、日本の音を様々なアレンジで表現。
音楽の可能性を探るべく世代を超えて親しまれる音楽の創造を試みている。
また、メンバー各々がソリストとしても幅広いフィールドで活躍、演奏における幅広い解釈により、民謡(特に福井の民謡)を中心に、唱歌・叙情歌・童謡などジャンルを問わず「遊法師」独自のスパイスを加えたアレンジと演奏を展開している。

メンバー紹介

恩地見佳 ボーカル&三味線(キングレコード専属民謡歌手)
田﨑栄爾 キーボード
河野久寿 キーボード(仁愛女子短期大学幼児教育学科准教授)
※現在、学校公演や各種イベントステージなどで活躍中。

参加イベント

みんなのホールプロジェクト:福井ミュージック・アート

ART BUZZ FUKUI YouTubeチャンネル

【みんなのホールプロジェクト】福井ミュージック・アート/コンテンポラリー民謡『遊法師』 2021.10.30

コンテンポラリー民謡「遊法師」(あそびほうし)

コンテンポラリー民謡「遊法師」(あそびほうし)