エバレット・ケネディ・ブラウン

11歳の時、家族の撮影係がきっかけで写真家に

京都を拠点とするアメリカ人アーティスト(写真家)で、一般社団法人京都会所の代表理事。
文筆家として、日本語で多数の書籍を上梓。日本の深層文化を古典的な写真技法で撮影し、実験的なアプローチで国際的に注目されている。
作品は、海外の主要な美術館のパーマネントコレクションに収蔵。
日本文化の普及に貢献したとして、2013年、文化庁長官表彰を授与。
「写真には色んな物語が秘められている」として時代を超えた被写体や、日本の面影を感じさせる風景を主に撮影している。

参加イベント

ふくい Arts Center and Residence プロジェクト
【展覧会】ZEN礼賛:17人のアーティストによる心の情景 in Tatami Museum of Art

ART BUZZ FUKUI YouTubeチャンネル

【ふくい Arts Center and Residence プロジェクト】写真家エバレット・ケネディ・ブラウンさんと松岡のまちなみを撮影しよう 2021.11.6

エバレット・ケネディ・ブラウン

エバレット・ケネディ・ブラウン